0歳から始めるしつけとマナー

>

子どもに教えたい日常生活と食事のマナー

マナーを教える大切さ

マナーと聞くと堅苦しいイメージを持ちがちですが、マナーとは相手への心遣いそのものです。マナーを知り、マナーを守ることで子どもは強調性を身につけることができ、将来の人間関係の形成に役立ちます。

子どもに身につけさせたいマナーはたくさんありますが基本中の基本である「挨拶」から教えてみてはいかがでしょうか。
挨拶することは社会の常識です。そして挨拶は相手の存在を認め、自然と相手の承認欲求を満たすことに繋がっていきます。会話のきっかけにもなりますし、相手にも良い印象を持たれお互いの関係を円滑にします。
また、人の目を見て話すことも幼少期に身につけさせましょう。自分が話しているのに目が合わないと、話を聞いてくれていないと感じてしまいますし、人の気持ちを理解する為にも人の目を見て話すことは大切です。子どもが社会に出て困ることのないよう、基本のマナーはしっかりと身につけさせましょう。

子どもに教えたい食事のマナー

食事にはたくさんのマナーがあります。食事のマナーを守ることは皆が気持ち良く食事をするための心遣いです。是非幼少期からマナーを身につけさせましょう。
食事の前後は「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶を習慣づけ、食料の大切さと、作ってくれた人への感謝の気持ちを教えましょう。
食事中には、「口を閉じて良く噛んで食べる」と教えることも大切です。くちゃくちゃと音を立てながら食べることは日本以外の国でも嫌われてしまうマナーの一つです。気づいた際は根気強く注意しましょう。
他にも箸の持ち方は未就学児のうちから正しい持ち方を知っておくと安心です。上手に箸を使えると食べこぼし等の回数も減ります。箸の持ち方を指導するのが難しい時は矯正箸もありますので試してみるのも良いでしょう。
外食の日だけ、特別な時にだけ守れば良いと教えるとなかなか実践できないものです。普段の食事からマナーに気を付けるよう子どもに教えましょう。